19:40 2021年04月11日
政治
短縮 URL
0 26
でフォローする

日米両政府は16日、東京で日米安全保障協議委員会(2+2)を開催し、共同文書を発表した。共同文書では、普天間飛行場代替施設建設の早期完了について言及された。

日米防衛相会談が始まる2+2には、日本側から茂木外相と岸防衛相、米国側からブリンケン国務長官とオースティン国防長官が参加した。

日本の防衛省が発表した共同文書では「閣僚は、普天間飛行場代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に建設する計画が、普天間飛行場の継続的な使用を回避するための唯一の解決策であることを再確認し、可能な限り早期に建設を完了することにコミットした」と述べられている

関連ニュース

タグ
沖縄, アメリカ軍, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント