20:53 2021年04月23日
政治
短縮 URL
0 17
でフォローする

英国は、国防・外交政策の見直しにより、核戦力を40%増強する方針であることが明らかになった。

英国は、保有する核弾道ミサイル「トライデント」を180発から260発に引き上げる予定で、30年間行われた段階的な軍縮に終止符を打つことになる。

英国の統合レビューは、「我々の核戦力の主な目的は、平和の維持と侵略の抑止である。2010年、英政府は20年代半ばまでに核弾頭を225発から180発に削減する意向を発表した。しかし安全保障環境が変化し、より広範な技術的・教義的脅威が存在することを考慮すると、これ以上この方針を続けることはできず、英国は核弾頭を260発に引き上げることになる」と述べている。

またこの文書によると、英海軍は潜水艦4隻を保持し、そのうち1隻は常時警戒監視を行うことになる。

関連記事

タグ
核兵器, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント