03:08 2021年04月21日
政治
短縮 URL
0 121
でフォローする

バイデン米大統領がプーチン大統領に関して出した声明について、ロシア上院(連邦院)国家主権擁護委員会のアンドレイ・クリモフ委員長はリアノーボスチ通信からの取材に、バイデン氏が引き続きロシア恐怖症政策を行うことを示していると語った。

バイデン氏は以前、プーチン氏は米大統領選挙へ介入したことに「責任をとるはめになる」だろうと指摘していた。

クリモフ露上院議員は、バイデン氏のこの声明は今までの同氏の行為のロジックにもロシア恐怖症的政策にも十分理に適っていると指摘した上で、国の指導者ともあろう人物が他国の首脳に対してこうした発言をするとは変な話であり、これはもう「躾けと良心の問題」と語っている。

この前日、米国情報機関が組織するインテリジェンス・コミュニティから出されたレポートには2020年の米大統領選挙にロシア側がバイデン候補の信用を損ね、そのライバルであるトランプ候補を支援しようと操作を試みたとする記述があった。ただし具体的にどういった介入の試みがあったかについては指摘されていない。

タグ
ロシア, 米国, ジョー・バイデン, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント