17:17 2021年04月15日
政治
短縮 URL
0 30
でフォローする

アナトーリィ・アントノフ駐米ロシア連邦大使が露米関係協議のためモスクワに到着した。シェレメチェヴォ空港からRIAノーヴォスチ特派員が伝えている。

ロシア外務省はこれより前、駐米ロシア大使を協議のためモスクワに召喚したことを発表。対米関係において対処と進展方法について分析を行うことが目的だ。ロシア外務省はその際、対米関係の不可逆的な悪化を防ぐことに関心があると強調している。

バイデン氏はABCニュースのインタビューで、ロシアが米大統領選挙への介入を試みたとされることに対してロシア指導部は「代償を払う」ことになると述べた。またバイデン氏は、プーチン大統領は「人殺し」だと思うかとの質問に、「そう思う」と答えた

ロシアのペスコフ大統領報道官は、この発言について、バイデン氏はロシアとの関係改善を望んでいないことを示したとし、露米関係の歴史においてかつてこのような発言はなかったと指摘し、ロシア大統領府は今後、米国との関係においてこれに立脚するとの考えを表した

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント