07:41 2021年04月22日
政治
短縮 URL
0 38
でフォローする

日本は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた米インド太平洋軍の声明について、訂正を求めたことを明らかにした。米軍の声明では、日本海を韓国式呼称である「東海」と英語で表記されていた。

報道によると、米インド太平洋軍は北朝鮮のミサイル発射を受けた声明の中で、日本海を韓国式呼称である「East Sea」(東海)と表記した。

日本の坂井学官房副長官は25日の記者会見で、「日本海が国際的に確立した唯一の呼称であるというのは我が国の立場であり、この立場に照らして不適切であり、日本の立場を米政府に申し入れ、訂正を求めている」と述べた。

韓国と北朝鮮では、「東海」または「朝鮮東海」という呼称が使われている。韓国は数年前から国際社会に対し、東海という呼称を使用するよう求めている。

日本時間で25日午前7時6分、北朝鮮が2発の弾道ミサイルを発射した。ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)の域外に落下した模様。

関連ニュース

菅首相が北朝鮮に厳重抗議、弾道ミサイル発射は安保理決議違反

タグ
米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント