16:21 2021年04月21日
政治
短縮 URL
0 06
でフォローする

日本の菅義偉首相が4日朝、テレビ番組に出演。日米同盟を軸にした北朝鮮拉致問題への取り組みや、気候変動サミットについて語った。また、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」については、要請があれば速やかに適用する意向を示した。NHKなど日本の各メディアが報じている。

菅首相は4日朝、フジテレビの番組に出演。北朝鮮による拉致問題については「金正恩総書記が一番気にしているのは米国だと思う。日米が一体で解決する方向に持っていくことが第一段階だ」と述べた。

そのうえで、16日にワシントンで行われる日米首脳会談では「大統領に理解してもらい、日米で協力をしっかりできるようにしていきたい」とし、日米同盟の協力の中で拉致問題解決に向けて取り組むことを確認したいと語った。

また、今月下旬にバイデン大統領が主催する気候変動サミットについて、「米国とともに主導したい」との考えを強調した。

一方、菅首相は新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」について、東京都など他の自治体への適用には「ありとあらゆる可能性を見ながら取り組んでいる」と説明。自治体から要請があった場合「必要であれば、躊躇なく」適用する考えを示した。

日本政府は1日、大阪、兵庫、宮城3府県を対象に新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の初適用を決定した。期間は5日から5月5日までの1カ月間。対象地域の飲食店に、20時までの営業時間短縮を要請する。 

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 米国, 北朝鮮, 菅義偉, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント