22:36 2021年04月15日
政治
短縮 URL
0 14
でフォローする

5日、菅首相は参議院決算委員会での質疑応答で気候変動問題について、中国を世界最大の温室効果ガスの排出国と定義し、大国としての責任を果たすよう米国と緊密な協力を行う考えを示した。NHKが報じた。

菅首相のこの発言は公明党の矢倉克夫議員の要請を受けて行われたもの。矢倉議員は今月16日に控えた日米首脳会談で、温室効果ガスの排出量が世界1位の中国に日米が協力して一層の取り組みを促すことを求めた

菅首相はこれに対し、日米首脳会談では大きな課題として気候変動を議論したいと述べ、バイデン政権と緊密に協力し、温室効果ガス排出大国の中国に責任を果たすよう働きかけを行っていきたい」と答え、世界各国との連携を深めながら、世界の脱炭素化を前進させる構えを表した。

3月19日、中国と米国は気候変動対策の協力に関する合同作業部会の創設に合意した。

関連ニュース

タグ
気候変動, 中国, 米国, 日米関係, 日本, 菅義偉
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント