07:29 2021年04月21日
政治
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (259)
0 71
でフォローする

ロシアは軍の戦備管理調査を開始した。4000超の軍事演習が国内すべての軍管区で実施される。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相が発表した。

演習はすべての軍管区および北方艦隊、また極北地域やクリル諸島、カムチャツカ地方で実施される。調査はあらゆるタイプと空軍の戦闘形態に関連する。国防省の発表では、4月には全部でさまざまな規模での4000超の軍事演習の実施が予定され、その中には812の相互演習が含まれる。また、101ヶ所の射撃場と520ヶ所の教育・資材用施設も対象となる。

日本 地図
© Depositphotos / Seewhatmitchsee
ショイグ国防相によれば、管理調査は軍の準備計画に沿って開始された。同省は、「軍部は戦術や特殊戦術、相互演習の実施用の演習場で調査を実施した」と表明した。軍部の調査はウクライナ国境へのロシア軍集結という発表を合図に開始された。

この間、ショイグ国防相は、米国が欧州と日本、韓国にミサイルを配備した場合、ロシアは「相応のやり方」で対応すると表明した。

4月3日、ロシアは日本海で演習を実施している。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (259)
タグ
軍事, ロシア, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント