13:51 2021年05月06日
政治
短縮 URL
0 12
でフォローする

中国は2060年までに純排出量ゼロの達成を予定する。習近平国家主席が表明した。

米国が主催した気候変動サミットで習近平国家主席は、「中国は2030年までに二酸化炭素の排出ピークを迎え、2060年にカーボンニュートラルを達成するために行動する」と表明した。

同主席は、グリーン開発は急がれており、「緑の山々は金の山々と言える」と語った。

また習近平国家主席は、先進国に対し気候行動プログラムを拡充し、途上国を支援するよう求めた。

米国のバイデン大統領は、4月22日から23日に気候問題でのバーチャルサミットを開催し、この会議には日本ロシアを含めた40ヶ国超が出席することになる。バイデン米大統領は22日、米国が2030年までに温室効果ガス排出量を半減する計画を発表する。

関連ニュース

タグ
気候変動, 中国, 習近平
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント