13:34 2021年05月09日
政治
短縮 URL
0 53
でフォローする

27日、日本の防衛省統合幕僚監部は、中国海軍の「遼寧」など6艦船が太平洋から沖縄本島と宮古島の間を北上し、東シナ海に向かったと発表した。6艦船は今月初めに同海域を南下していた。産経新聞が報じた。

27日午前には、同空母から早期警戒ヘリ1機が発艦し、尖閣諸島周辺に接近したことから、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進する事態も発生した。

中国海軍のこうした動向をふまえ、海上自衛隊の艦船などが監視にあたっている。今回、中国海軍による日本領海への侵入や自衛隊の艦艇、航空機に対する危険な行為はなかった。

関連ニュース

タグ
軍事, 中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント