13:28 2021年05月09日
政治
短縮 URL
福島第一原発の処理水海洋放出 (22)
0 147
でフォローする

中国外務省の趙立堅報道官は、福島第一原発処理水の海洋放出をめぐり、ツイッターで葛飾北斎の浮世絵を模倣して揶揄したことに続き、28日の記者会見で「原発処理水について日本は謝罪し、間違った決定を取り消さなければならない」と発言した。浮世絵を使った批判については、日本政府が「汚染水」処理問題を海洋放出という形で一方的に決めたことに対する中国民の懸念と不満を表していると語った。

趙立堅・中国外務省報道官は26日、自身のツイッターで葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」の模倣版を投稿した。原画の富士山が原発に置き換えられ、化学防護服に身を包んだ人々が舟から放射能汚染水と見られる緑色の液体を海に流す様子が描かれている。報道官は「もし北斎が生きていたら、彼も非常に心配しているだろう」と書き込んだ。このツイッターに対し日本の茂木外相は外交ルートを通して中国側に厳重に抗議するとコメントした。

趙報道官は記者団の質問に対し「私がツイートを削除して謝罪するかって?お気づきの通り、このツイートはページのヘッドに固定してある。イラストは国民の声を代弁している。間違った決定を取り消し、謝罪するのは日本政府のほうだ」と答えた。

趙報道官によると、ここ数日にわたり、世界中が日本政府の決定に抗議を示しているが、日本政府は気づかぬフリをしているという。「どういう場合に日本政府がこのイラストに憤慨できるのか。彼らこそ世界中の反対派の意見に耳を傾け、自らの責任に真正面から向き合い、義務を完全に果たし、間違った決定を取り消さなければならない」と結んだ。

関連ニュース

トピック
福島第一原発の処理水海洋放出 (22)
タグ
日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント