23:33 2021年05月12日
政治
短縮 URL
0 05
でフォローする

読売新聞は29日、複数の政府関係者を引用し、日本の茂木外相、米国のブリンケン国務長官、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相が、5月3~5日に英国で開かれるG7外相会議に合わせて3カ国外相会談を行う方向で調整に入ったと報じた。

読売新聞によると、3カ国の外相は「北朝鮮の核・ミサイル開発問題に対する連携を確認」する見通し。

4月3日、米ワシントン近郊で日米韓3カ国の安全保障担当の高官による協議が行われ、朝鮮半島の非核化に向けた協力を確認した。協議には、日本から北村国家安全保障局長、米国からサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、韓国から徐薫(ソ・フン)国家安保室長が出席した。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント