22:49 2021年05月12日
政治
短縮 URL
0 217
でフォローする

主要先進7カ国(G7)はロシアの「偽情報とプロパガンダ」対策メカニズムの構築に乗り出す。2年ぶりとなる対面でのG7外相会談を控え、英国のドミニク・ラーブ外相がロイター通信のインタビューに応じた。

ラーブ英外相は「ロシア発信の偽情報およびプロパガンダに迅速に対応し、対抗するメカニズム構築の提案があり、それを検討する」と語った。

同外相によると、対策はG7国民に「真実を伝える」だけでなく、ロシア自身と中国にも届かなければならないという。さらに、欧米諸国政府に対する「不信を植え付けようとするロシアの試み」に懸念を表した。

ラーブ外相は欧米諸国で一般的となった「ロシアによる選挙介入」についても改めて触れた。


欧米の政治家は常に選挙介入や偽情報、サイバー攻撃でロシアを非難している。一方のロシアはこれら避難を繰り返し否定し、根拠のないものと強調している。ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアは自国に対する介入を許さず、またその許されない行為を他国に行うことはないと説明する。

関連記事

日米韓外相会談、5月のG7に合わせて調整=読売新聞

タグ
G7, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント