11:56 2021年06月13日
政治
短縮 URL
0 141
でフォローする

欧州連合(EU)では、一方的な制裁導入を背景に、野放しにされた新手の狂った思想が出現している。セルゲイ・ラブロフ外相が6日、記者会見で述べた。この記者会見の模様は、同省のフェイスブックで公開されている。

その会見でラブロフ大臣は、ロシア政府は西側からの攻撃を放置するつもりはないと述べた。さらに同大臣は、「国連安全保障理事会を回避して一方的な制裁に頼るやり方が伝染しつつある。米国がこの方法を導入し、それをEUが喜んで採用したのだ」と指摘した。

これよりも前、米国のアントニー・ブリンケン国務長官は、米政権はロシア政府と安定した関係を望んでいると述べている。

日本時間の6日未明に閉幕したG7外相会合では、ロシアのプロパガンダに対抗するメカニズムを構築することが決定された。

関連ニュース

タグ
制裁, ロシア, 欧州, 欧州連合
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント