20:05 2021年06月15日
政治
短縮 URL
0 35
でフォローする

米国元国務長官のヘンリー・キッシンジャー氏は、欧米との対立が勝者のない衝突を引き起こすと確信している。独紙「ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング」のインタビューで同氏がこうした見解を示した。

米国と中国の冷戦がどれほど現実的になったかという質問に対し、同氏は、ドナルド・トランプ大統領時代の数ヶ月間で両国間の緊張は急激に高まったと強調した。

同氏は、「関係者らの記憶から消し去ることが容易ではない事態が生じた」と語った。

キッシンジャー氏は、ジョー・バイデン政権では、対立は米国政府と中国政府、他の国々にとって利益になることはないと見ていると指摘する。

同氏は、「このことは、両国の疲弊によって終わった第1次世界大戦のように、勝者のない衝突となる」と警告した。

キッシンジャー氏は、米国社会では中国を常に敵と見なし、否定的出来事の源泉だと考えていると強調した。

キッシンジャー氏は米ソの雪解けの政策シナリオを書いた人物のひとり。今まで幾度にもわたって米政権は絶対的なヘゲモニーを行使する政策を捨てるよう呼び掛けてきた。1973年にはベトナム戦争の和平交渉を終結させたことを評価され、ノーベル平和賞を授与されている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント