12:13 2021年06月13日
政治
短縮 URL
0 35
でフォローする

日本の菅首相と欧州委員会ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長、欧州理事会のシャルル・ミシェル議長は27日の交渉の結果を総括して行われる共同声明の中で台湾海峡における平和を安定を樹立する重要性について言及する可能性がある。読売新聞が消息筋からの情報として報じた。

読売新聞によれば、こうした共同声明によって日本、EUのトップらはこの地域において活発化した中国の動きの牽制を図る狙い。

台湾海峡の平和と安定の重要性については前月17日の菅首相とバイデン米大統領との会談後の共同記者会見でも言及されていた。これに対して中国外務省は日米が中国へ内政干渉を行ったとして非難し、「一つの中国」の原則を厳格に順守するよう求めている。

関連ニュース

元NATO事務総長 今後10年以内に台湾をめぐって中国と戦争が起こる可能性について認める

タグ
台湾, 欧州, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント