04:08 2021年06月19日
政治
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (268)
0 22
でフォローする

トルコのエルドアン大統領は、ポーランドがトルコ製攻撃ドローン「バイラクタル TB2」24機を購入すると発表した。ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領がトルコ訪問時に購入に関して署名を行った。エルドアン大統領によれば、トルコがNATOとEUに加盟している国に軍事ドローンを提供するのは今回がはじめてとなる。

ロシアにとっては攻撃ドローンを周辺各国が大量に購入することは大きな脅威といえる。多くのドローンが体当たりの攻撃を仕掛けるとすれば、相手国へ心理的に与える影響は大きい。また、同タイプのドローンは生産コストが抑えられることから、中小国でも購入しやすい。さらに攻撃国は自国の兵士らを失うリスクも低減し、抑止力としても有効といえる。こうした点から、攻撃ドローンが勢力の均衡を変える鍵となる可能性がある

今回の購入同意を受け、ポーランドには2022年までに攻撃ドローンが納品されることになる。

27日、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領はロシアについて言及し、「まともではない国」と発言した。 

昨年の7月、トルコとウクライナが無人攻撃偵察機Bayraktar TB2の共同開発および製造開始について協議も行っていた

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (268)
タグ
ロシア, ポーランド, トルコ, 武器・兵器, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント