03:59 2021年06月19日
政治
短縮 URL
0 92
でフォローする

ドイツは、現在のナミビアの先住民族ヘレロ人とナマクア族に対して行われた殺戮を大量虐殺(ジェノサイド)と公式に認め、犠牲者の子孫に謝罪した。ハイコ・マス独外相は、自国とナミビアは5年以上にわたる交渉の末に「共通の歴史の中で最も暗い一頁の評価に合意した」と語った。ドイツは「表現し難い苦しみを認めたあかしとしてナミビアに10億ドルの援助を行う。

マス外相は交渉の目的について「犠牲者を悼み、真の和解への共通の道を見つける」ことであり、そのためには、今日のナミビアのドイツ植民地支配時代の出来事、特に1904年から1908年にかけて行われた残虐行為を美化することなく、本来の名で呼ばなければならないと述べた。マス外相は、「私たちは今、これらの出来事が今日の視点から見た場合、ジェノサイド(大量虐殺)であったと公式に認める」と語った。

両国間に結ばれた合意により、ドイツはナミビアの復興と発展のために11億ユーロを拠出する。このプログラムの実施には、ナミビア側とともに交渉プロセスに積極的に参加したヘレロとナマの代表者らが決定的な役割を果たす。ナミビアの希望によって資金はナミビアの農業の発展と改革、水の供給、職業訓練などに主に充てられる。

これに先立ち、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も、1994年4月から6月にかけて約80万人が殺害されたルワンダのジェノサイドについて、フランスにも政治的責任があることを認めている。

関連ニュース

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント