06:52 2021年06月14日
政治
短縮 URL
0 19
でフォローする

欧州連合(EU)は、6月15日に開催予定のサミットでロシアの「否定的な行動パターン」と「敵対的な行為」に強い対応を宣言する共同声明の草案を米国に送った。ブルームバーグが、草案を引用して報じている。

EUと米国が出席するサミットは、ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領による露米首脳会談(ジュネーブ開催)の前日となる、6月15日にブリュッセルで開催される。

同通信社は、「我々は、ロシアに対する原則的なアプローチで一致しており、ロシアが繰り返す否定的な行動と悪意のある活動パターンに対応する」という草案の文章を引用して伝えている

ブルームバーグによれば、このサミットではEUと米国が共に、ロシアによる市民社会、野党、独立メディアへの弾圧に反対する意向を表明する。

さらに、草案に記載されているように、EUと米国は中国への対決を宣言する可能性がある。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国, 欧州, 欧州連合
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント