18:27 2021年06月15日
政治
短縮 URL
0 71
でフォローする

日本の梶山弘志経済産業相は、様々な分野でロシアと新たな協力を始める時期にきているという見解を示した。

梶山経産相はペテルブルクで開催中の国際経済フォーラムでビデオメッセージを送り「コロナウイルス感染拡大により私たちは多くの困難に直面した。しかし同時に、一部の問題に新たな光をもたらした。それが医療、エネルギー、デジタル化だ。まさに今、これら分野で新たな協力を始められると思う」と述べた。

梶山経産相はエネルギー分野の重要性を指摘。「ロシアの天然資源とアジア市場がひとつになることで、我々にとって将来性のある分野になる」と語った。

梶山氏はまた、重要な協力分野となるのは温室効果ガス排出問題とデジタル化であると加えた。

関連ニュース

タグ
露日経済協力, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント