06:57 2021年06月16日
政治
短縮 URL
0 17
でフォローする

米国のジョー・バイデン大統領は、自身が出席するG7とNATOのサミットが、ロシアと中国に西側諸国の結束を示すシグナルになると期待している。

バイデン氏は、「同盟を強化し、プーチンと中国に対して欧州と米国が緊密な関係にあることを明らかにする」と欧州に向かう前に記者団にサミットの目的について語った。

米国のジョー・バイデン大統領は9日、就任後初の外国訪問となる欧州歴訪に出発した。今回の欧州歴訪の最後には、6月16日にジュネーブでロシアのプーチン大統領との会談が行われる

バイデン氏は、露米首脳会談に先立ち、G7、NATO、米EU首脳会議に出席する予定。

関連ニュース

タグ
G7, 欧州連合, 欧州, 中国, 米国, ロシア, NATO, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント