05:08 2021年07月31日
政治
短縮 URL
0 52
でフォローする

米国のバイデン大統領とジル夫人はエリザベス女王より遅れてG7(主要7カ国)首脳会議に到着し、これにより外交儀礼を違反したことになった。

英紙デイリー・スターによると、規則では英国王室メンバーは最後に到着し、一番先に退出することになっている。ゲストは全員、女王が登場する前に揃っていなければならない。

どころがバイデン夫妻がコーンウォールのレセプションに到着したのはエリザベス女王、チャールズ皇太子、ウイリアム王子とその夫人らが到着した数分後だった。

バイデン米大統領は以前にも演説で言い間違えをして、就任して1か月半とのところを「15カ月」と語ったことが話題になった。


3月19日もこんな事件があった。バイデン氏は強風にあおられながら飛行機のタラップを上り、数度躓いている。この映像は瞬く間に世界を走り、トランプ前米大統領も辛らつなコメントを表していた

関連ニュース

タグ
エリザベス2世, 米国, G7, 英国, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント