16:04 2021年07月25日
政治
短縮 URL
0 132
でフォローする

中国は、一部の国が「世界の運命」を決定する時代は終わったと考えている。在英中国大使館の広報担当者は、主要7カ国(G7)首脳が影響力を増す中国に対抗する統一アプローチを作ろうとしていることに対し、見解を示した。

中国大使館のウェブサイトで発表された回答では「我々は大国、小国、強い国、弱い国、豊かな国、貧しい国であろうと国は等しく、グローバルな問題はすべての国が参加する協議で解決されるべきだと考えている。世界の問題解決を一部諸国が決めていた時代はとっくの昔に終わった」との見解が示された

G7サミットは英コーンウォールで11日に開幕した。これは過去2年間で初となるG7サミットの対面開催。

関連ニュース

タグ
G7, 英国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント