19:43 2021年08月01日
政治
短縮 URL
0 12
でフォローする

中国は、ジュネーブで開催された露米首脳会談で確認された戦略的安定問題でのロシアと米国の合意を歓迎する。17日、中国外交部の趙立堅報道官がブリーフィングで発表した。

同報道官は、「中国は、戦略的安定に関する対話の継続に関してロシアと米国が達したコンセンサスを歓迎する」と発言した

同報道官は、米国とロシアは世界の核超大国として、国連総会の関連文書にもとづき核軍縮分野で自らの特別な責任を厳格に遂行する必要があると強調した。

同時に、趙立堅報道官は、「中国は常に核軍縮管理での国際的努力を積極的に支持し、戦略的安定に関する一連の幅広い問題でさまざまな国と討議を継続する用意がある」と述べた。

また、同報道官は、「中国は同様に、相互の尊重と平等を基本に両国が関心のある関連問題で2国間対話を行う用意がある」と強調した。


ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領の初会談は16日にスイスのジュネーブで開催され、交渉は休憩を含め4時間半におよんだ。会談を受け、プーチン大統領はバイデン大統領と各省レベルで戦略的安定性に関する協議の開始で合意したことを明らかにした。同大統領によれば、両国は世界の戦略的安定性に対し特別な責任を認識しているという。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国, 露米関係, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント