21:46 2021年07月28日
政治
短縮 URL
0 06
でフォローする

英国のBBCは、同国海軍の駆逐艦「ディフェンダー」のクリミア沿岸付近での航行に関する秘密文書の抜粋を公開した。

同局によると、ロシアがクリミアを航行中の英国の駆逐艦に警告射撃を行う前日の22日、英南東部ケント州のバス停付近で、電子メールを印刷したものやパソコンで作成したプレゼンテーションなどの書類が入ったファイルが偶然発見された。

見つかった文書によると、英国はウクライナ政府への支援を示すために、クリミア沿岸付近に自国の駆逐艦を航行させることを決めたという。

​BBCが引用したプレゼンテーションのスライドでは、ウクライナのオデッサからグルジア(ジョージア)のバトゥミへの駆逐艦の航路について、2つのルート案が検討されていた。

1つ目のルート案は、クリミア沿岸付近の「交通パターン」に基づいた「安全でプロフェッショナルな」もの、2つ目の案は、駆逐艦がクリミアから離れて航行することを想定したものだった。もし2つ目のルート案を選んでいれば、対立を避けることが可能だっただろう。最終的に英国は、1つ目の案を選択した。

関連ニュース

タグ
英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント