20:13 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 21
でフォローする

バイデン米大統領は9日、ロシアのプーチン大統領と電話会談を実施した。ホワイトハウス報道部が発表した。

会談では先のジュネーブの首脳会談で取り上げられた問題について取り上げられている。

バイデン大統領はプーチン大統領に対し、「ランサムウェアを使用した攻撃が続いていると語った」。ホワイトハウスの声明ではサイバー攻撃を行っているのは「ロシアに根拠地を置く」悪質な侵入者が行っているとされている。

これより前、アナトーリー・アントーノフ駐米ロシア大使は声明を表し、 ロシアはサイバーセキュリティ問題を米国との協力の舞台に変えようと意気込んでおり、ここ最近、米国の施設を標的に連続して行われたハッカー攻撃にロシアは関与していないと指摘している。

関連ニュース

タグ
ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント