19:17 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

EU(欧州連合)理事会は、ロシアがミンスク合意を完全に遂行しなかったとして対ロシア経済制裁を2022年1月31日まで延長することを決めた。12日に発表された。

声明では「本日、理事会はロシア連邦の個々の経済分野に対する制裁を半年間、2022年1月31日まで延長することを決定した。理事会の決定はミンスク合意の遂行状況を踏まえてなされた」としている。

EUによる対ロシア経済経済は2014年7月31日、ウクライナの状況に対応する形で導入された。後に制裁はさらに厳しいものとなった。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント