17:55 2021年10月17日
政治
短縮 URL
0 45
でフォローする

英国政府は、欧州諸国の当局に複数の攻撃を行ったサイバー集団の背後には中国国家安全保障省がいると考えている。19日に英国外務省が声明を発表した。

英国外務省が発表した声明は「今日、英国は(サイバー集団の)APT40およびAPT31の活動を中国国家安全保障省のものと位置付けている。大量の信頼性高い証拠から、サイバー環境における連続した無責任な行動は中国から発せられ、継続されていることが示された」と言及。英国当局の情報によると、特にAPT31は2020年にフィンランド国会を攻撃していたという。

英国のドミニク・ラーブ外相は中国政府に対し「これら体型的なサイバー妨害を直ちにやめ、そうしない場合は責任を問われると覚悟するよう」呼びかけた。外相はまた、米マイクロソフト社のサーバー「Exchange Server」への攻撃を、中国の国家支援を受けた中国ハッカーによる「無謀だがよく知られた行動パターン」と評している。

関連ニュース

タグ
ハッカー, 英国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント