14:13 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 93
でフォローする

日本や米国、EU(欧州連合)が中国のサイバー攻撃を一斉に非難したことに対し、中国側は「理不尽だ」と反発を見せている。テレビ朝日が報じた。

米国政府高官は18日、中国政府が支援するサイバー攻撃を「米国や同盟国の重大な脅威」と位置付け、対応に乗り出す方針を明らかにした。

英国やEU、NATO(北大西洋条約機構)も一斉に中国を非難し、日本もその支持を表明している。

これに対し、中国の在英国、在カナダなどの大使館は「憶測と理不尽な非難に満ちている」と反発する声明を出した。

中国は「サイバー空間の安全を断固守る」として取り締まりを行っており、被害国でもあると主張している。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント