19:34 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 75
でフォローする

チジャン・ハニフエイ駐ロシア中国大使は、米国がCOVID-19の発生問題を政治に利用しようとしており、中国はコロナウイルスに関してはパンデミックが始まった当初から開示性、透明性の原則を堅持していると述べた。

チジャン大使は記者会見で次のように語っている。

「米国は事実を考慮せずに公言した。米国は研究者らのコンセンサスに陰謀論を対比させることでこれに疑問に呈し、コロナウイルスの原因究明における科学の問題を著しく政治的に利用しようとしている。中国は当初から開示性、透明性、協力の原則を堅持しており、COVID-19の原因を共同で調査するためにWHOの専門家団を2度招聘した。中国の研究所(武漢市)で起きた事件によって新種のウイルスが出現した可能性は極めて低い。このことは、権威あるWHOの調査報告書の結論にも明記されている」

チジャン大使は米国は世界における中国のイメージを常に損なっており、そのために虚実の情報を拡散することさえあると補足した。大使はCOVID-19発生の原因究明は科学と事実に依拠し、多くの国で同時に行われるべきだと指摘している。

関連ニュース

タグ
中国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント