00:29 2021年10月18日
政治
短縮 URL
0 41
でフォローする

北朝鮮の指導者、金正恩氏の妹の金与正氏は1日、談話を発表し、今月に予定されている米韓合同軍事演習の中止を求めた。複数のマスコミが報じた。

報道によると、与正氏は今月に実施される予定の米韓合同軍事演習について、南北関係の先行きを「さらに曇らせる」可能性があると警告した。

NHKが朝鮮中央通信を引用して報じたところによると、与正氏は米韓合同軍事演習について「気分の悪くなる知らせをずっと聞いている。われわれは演習の規模や形式を論じたことはない」と中止を求めた。

また韓国の聯合ニュースによると、与正氏は「わが政府と軍隊は南朝鮮側が8月に再び敵対的な戦争演習を繰り広げるのか、または大きな勇断を下すのかを鋭意注視する」とけん制した。

関連ニュース

タグ
米国, 北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント