14:46 2021年09月23日
政治
短縮 URL
0 62
でフォローする

ロシアのアナトリー・アントーノフ駐米大使は、20日に新たに課されたロシアに対する制裁について、6月の露米サミットで達した合意の実現に向けた米国政府の意志は欠如しており、今回の制裁はその表れだと語った。

アントーノフ氏は「全体として、今日の反ロシア攻撃は、6月にスイス・ジュネーブで行われた首脳会談で、露米大統領の間で達した重要な認識を実現する米国政府の意志の欠如を示している」と指摘した。

米国は20日、アレクセイ・ナワリヌイ氏の事件、およびガスパイプライン「ノードストリーム2」の建設に関連するロシアの機関や個人に制限を課した。

6月16日、ロシアのプーチン大統領と米国バイデン大統領による初の会談がスイスのジュネーヴで開催された。プーチン大統領によると、両国は世界における戦略的安全保障に対し高い責任を負っていることを認識したという。

今後、両国はサイバーセキュリティ問題軍備管理に関する協議を行う見通し。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国, 制裁, 対露制裁
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント