13:09 2021年09月18日
政治
短縮 URL
0 121
でフォローする

ロシアのエネルギー相、ニコライ・シュルギノフ氏と日本の産業経済相、梶山弘志氏は、東方経済フォーラムの一環で、両国の持続可能エネルギー分野での協力促進に関する声明に署名を行った。同省の公式テレグラムチャネルで発表された。

署名が行われた書類では、液体天然ガスの供給・濃縮と再生可能なエネルギー源の発展、水素やガス化学製品の生産といった分野、また、二酸化炭素の補足と保管の分野での両国の協力が志向されている。

シュルギノフ氏は、「グローバル市場でロシアと日本のエネルギー企業の利益の共同促進、そしてグローバルな技術的リーダーシップを達成するための成長ポイントの共同探究の必要性に関する文脈で、私たちは水素エネルギー分野での協力に大きな意味を与えている」と強調した。

これに先立ち、日本の経済産業省とロシア企業「ノヴァテク」は、アンモニアと水素の生産・販売プロジェクトの支援で協力を図るとした覚書に署名を行っている

関連ニュース

タグ
日本, ロシア, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント