23:51 2021年09月20日
政治
短縮 URL
0 63
でフォローする

トランプ前米大統領は、現在の米国の状況は自身が2024年の米大統領選に再び出馬する方向に確実に向かっていると表明した。

トランプ氏はフォックスニュースからの取材で2024年の大統領選挙に出馬する可能性を尋ねられると、「我々にチョイスがあるとは思わない。我々は単にチョイスが残らない方向へ近づいているのだ」と答えた。

先日行われたアフガニスタンからの米軍の撤退についてはトランプ氏は「米国史上、最大の恥」としてバイデン大統領に対して批判を浴びせかけ、同氏は職務に相応しい人物ではないと明言した。

トランプ氏は「あいつら(バイデン政権)は全員をひとまとめにすることを望んでおり、全部がひとまとめになることを望み続けているが、あの者らはひとまとめになどならないのだ」と述べ、民主党出身の大統領の行動は米国社会の亀裂を深めていると断定した。

トランプ氏は2024年米大統領選への出馬の意向を幾度も繰り返している。

関連ニュース

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント