09:26 2021年09月27日
政治
短縮 URL
0 03
でフォローする

韓国は15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の潜水艦からの発射実験に初めて成功した。立ち会った同国の文在寅大統領は、北朝鮮の挑発に対する抑止力になりうると強調した。

文氏は「我われのミサイル戦力の増強は、北朝鮮の挑発に対する確実な抑止力になりうる」と述べた。また文氏は、SLBM発射実験と北朝鮮が15日に行った弾道ミサイル発射との関連について、SLBM発射実験は事前に計画されていたものであり、北朝鮮の挑発に対応するためのものではいと指摘した。聯合ニュースが報じた。

韓国は15日、忠清南道にある実験場でSLBMを潜水艦から発射する実験を行った。SLBMは計画された距離を飛行し、目標に命中した。

北朝鮮は15日、日本海に向け弾道ミサイル2発を発射した。北朝鮮によるミサイル発射は今年に入ってから5回目。北朝鮮は今月11日と12日に新型の長距離巡航ミサイルの発射実験を実施し、朝鮮労働党幹部が立ち会った。実験は成功し、ミサイルは1500キロ先の目標に命中したという。

タグ
北朝鮮, 武器・兵器, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント