01:39 2021年10月19日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁 (CISA)のジェン・イースタリー局長は5日、ワシントン・ポストのオンライン・インタビューで、米国とロシアは、政府全体の取り組みの一環としてサイバーセキュリティに関する対話を行うべきだと発言した。

イースタリー氏は、6月にスイス・ジュネーブで行われたロシアのウラジーミル・プーチン大統領とジョー・バイデン米大統領の会談を受け開始されたサイバーセキュリティに関する露米の対話についてコメントを求められた。

同氏は「サイバー攻撃は困難で複雑な問題だ。プーチン大統領とのサイバーセキュリティに関する対話は、政府全体の取り組みの一環として行うべきだと思う」と指摘した


7月、バイデン大統領とプーチン大統領は電話会談を行い、サイバーセキュリティ問題について接触をとり続けたいと述べた。バイデン大統領は、ロシアに対する報復措置を辞さない構えも見せていた。

関連ニュース

タグ
米国, ロシア, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント