• トランプ大統領
    アップデート: 2019年11月16日 08:40
    2019年11月16日 08:40

    トランプ大統領 弾劾手続き中止の必要性を表明

    米国のドナルド・トランプ大統領は、ウクライナのヴァディム・プリスタイコ外務大臣が、「Burisma」社とウクライナ政府に対する軍事支援に対する調査で関係性が確認されなかったという声明を発表したことに照らして、弾劾手続きの一環としての調査は終了する必要があると語った。

  • プーチン氏
    アップデート: 2019年11月16日 08:00
    2019年11月16日 08:00

    仏で12月にウクライナ危機めぐる首脳会談実施へ 露大統領出席

    フランス大統領府は15日、ロシアのプーチン大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領が12月9日にパリで会談すると発表した。仏独の首脳も加わり、2014年からウクライナ東部で続く政府軍と親ロシア派分離独立勢力の紛争終結を目指す。AFP通信が報じた。

  • 露Su-35戦闘機
    アップデート: 2019年11月15日 23:08
    2019年11月15日 23:08

    米国、露Su-35戦闘機の購入に対しエジプトを制裁で脅迫

    米国は、エジプトがロシアのSu-35戦闘機を購入した場合、ネガティブな結果がもたらされるだろうと脅迫した。米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が、マイク・ポンペオ米国務長官とマーク・エスパー米国防長官がエジプトのモハメド・ザキ国防相に送った書簡を引用して報じた。

  • アップデート: 2019年11月15日 15:12
    2019年11月15日 15:12

    日韓の外務省局長協議が行われる

    日韓外務省による局長級協議が15日、東京の外務省で行われた。NHKが報じた。

    日韓関係の緊張増大
  • クムガンサン山
    アップデート: 2019年11月15日 10:10
    2019年11月15日 10:10

    北朝鮮 クムガンサン山にある韓国側施設の撤去を断行

    北朝鮮朝鮮中央通信(KCNA)は、北朝鮮が11月11日に金剛山(クムガンサン)南側施設の撤去について最後通告をしたが、韓国側からは反応がないと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

  • アップデート: 2019年11月15日 08:20
    2019年11月15日 08:20

    戦没者遺骨収集で緊密連携を確認 日ミクロネシア首脳会談

    安倍晋三首相は14日、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領と官邸で会談した。太平洋戦争の激戦地となった同国と戦没者遺骨収集事業に関し、緊密に協力していく方針を確認。太平洋島しょ国の首脳らが日本に集う2021年の第9回「太平洋・島サミット」に向けた連携で一致した。

  • アップデート: 2019年11月15日 05:10
    2019年11月15日 05:10

    日韓外務省局長、15日に会談 東京で、GSOMIAも議題か

    日韓両政府は14日、日本外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長と韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長が15日午前に日本外務省で会談すると発表した。日韓関係が悪化する中、元徴用工訴訟問題などの懸案について意見交換する。韓国が破棄を決め、失効期限が迫っている日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)も議題になるとみられる。

  • 米上院
    アップデート: 2019年11月15日 04:03
    2019年11月15日 04:03

    米上院 トルコによるアルメニア人集団虐殺の認定決議を取り下げ

    米上院法務委員会のリンゼー・グラム委員長はトルコのエルドアン大統領との会談後、オスマン・トルコによるアルメニア人のジェノサイド(集団虐殺)の事実を認定する決議案の検討を停止した。グラム議員は上院の会議でこれを発表し、その模様は全米のTV局によって中継された。

  • ザハロワ公式報道官
    アップデート: 2019年11月15日 00:33
    2019年11月15日 00:33

    ロシア 日本国民向け電子ビザの発行を2021年から国内全域に拡大へ

    ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は、ロシアはロシア連邦および日本の両国民の往来の簡略化を促進する構えであり、日本国民向けの電子ビザ体制を2021年からロシア全域で開始することを明らかにした。

  • アップデート: 2019年11月15日 00:04
    2019年11月15日 00:04

    ボリビア危機

    ボリビアでは10月20日大統領選挙が実施された。最高選挙裁判所の情報によれば、選挙ではエボ・モラレス氏が勝利を収めた。

    モラレス氏の主要なライバルであったカルロス・メサ氏は、最初の段階でモラレス氏の勝利は認められておらず、国内で反対行動が始まったと強調した。

    10日、ボリビア軍は国内の安定を保障するためにモラレス氏が大統領の職を辞するよう要求し、その後、同氏は辞任を表明した。ボリビアの元指導部らも同様に辞任した。モラレス氏はボリビアを離れ、現在メキシコに滞在している。

    この日、上院副議長のヘアニネ・アニェス氏は、大統領の責務を引き受けることを表明、憲法裁判所が権力移転の合法性を確認した。

    ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は記者団に対し、ボリビアの政権交代に先行する事件は国家転覆のクーデターだとロシアはみなしていることを明らかにした。リャブコフ外務次官は、ロシア政府はヘアニネ・アニェス上院議員がボリビアの臨時大統領となることを承認したが、彼女を候補とする選挙で議会が定員不足となっていることに警戒したと述べた。

    ボリビア危機
  • ヘアニネ・アニェス
    アップデート: 2019年11月14日 23:49
    2019年11月14日 23:49

    ボリビアの政権交代を引き起こす行動はクーデターと同様 ロシア外務省

    ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は記者団に対し、ボリビアの政権交代に先行する事件は国家転覆のクーデターだとロシアはみなしていることを明らかにした。リャブコフ外務次官は、ロシア政府はヘアニネ・アニェス上院議員がボリビアの臨時大統領となることを承認したが、彼女を候補とする選挙で議会が定員不足となっていることに警戒したと述べた。

    ボリビア危機
  • 韓国で米軍
    アップデート: 2019年11月14日 23:12
    2019年11月14日 23:12

    韓国議員 自国以外の地域での米軍駐留費の分担に反対

    韓国与党「共に民主党」の議員は、米国が韓国以外の地域での米軍の駐留費を分担するよう求めたことに対し、朝鮮半島の韓国領域における米軍駐留負担に関する両国間の協定目的にそぐわないとして、これに反対する決議案を議会に提出した。

  • エルドアン大統領とトランプ大統領
    アップデート: 2019年11月14日 22:45
    2019年11月14日 22:45

    ミサイルシステムS-400納入での米国とトルコの複雑な関係は対話での解決を=エルドアン大統領

    トルコのタイイップ・エルドアン大統領は、ロシアの超長距離地対空ミサイルシステムS-400と米国の最新ステルス戦闘機F-35の購入について米国のドナルド・トランプ大統領と討議し、これらの問題は「対話を通じて解決すべき」だと表明した。またトルコは、有益な提案がされたなら、米国製の地対空ミサイルシステム「パトリオット」を購入する用意があることも明らかにした。

  • Su-57
    アップデート: 2019年11月14日 21:20
    2019年11月14日 21:20

    「米国が羨むだろう」 中国メディアがロシア戦闘機Su-57の優位性を紹介

    ロシアの特徴的な第5世代戦闘機Su-57は米国を羨ましがらせるだろうと中国メディア「Sina」が報じた。報道では、Su-57戦闘機は、ターボジェットエンジンに搭載された補足の燃料室でのアフターバーナーを利用することなく超音速スピードでの飛行が可能。このターボジェットエンジンではパワーアップのため燃料が燃焼される。

  • 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相
    アップデート: 2019年11月14日 14:46
    2019年11月14日 14:46

    韓国外相、GSOMIA失効前に米国務長官との会談を計画

    韓国の康京和外相は来週に米国を訪問する計画。外相は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が今月23日に失効するのを前に、米国を訪れる方向で調整を行っている。韓国の聯合ニュースが、消息筋の情報をもとに報じた。

    日韓関係の緊張増大
  • アップデート: 2019年11月14日 13:21
    2019年11月14日 13:21

    クーデターは米国の仕掛け=ボリビア元大統領

    ボリビアのモラレス元大統領は議会の承認を得ることなく暫定大統領に就任したヘアニネ・アニェス元上院副議長の臨時政府を承認したトランプ大統領の決定を批判し、ボリビアのクーデターは米国による介入で発生したと主張した。

    ボリビア危機
  • アップデート: 2019年11月14日 12:37
    2019年11月14日 12:37

    戦没者遺骨持ち出しをロシア側が拒否 取り違え問題が影響か

    戦没者の遺骨取り違えが問題となる中、日本の厚生労働省が極東ロシアで収集した遺骨の一部を日本に持ち帰ってDNA鑑定しようとしたところ、ロシア側が「日本人のものかどうか確認できていない段階で遺骨を持ち出すことは法的に課題がある」として許可を出さなかったことが明らかになった。NHKが報じた。

  • アップデート: 2019年11月14日 11:53
    2019年11月14日 11:53

    「堅固な露中関係は外部からの影響に動じず」=プーチン大統領

    プーチン大統領は11月13日からブラジルで開催中のブリックス第11回首脳会談に合わせて中国の習近平国家主席と会談し、「堅固で安定した露中関係は外部からの影響に動じるものではない」と発言した。

  • アップデート: 2019年11月14日 11:04
    2019年11月14日 11:04

    トルコによる露製ミサイル購入は米国への「大いなる挑戦」=米大統領

    13日、ホワイトハウスでトランプ米大統領はトルコのエルドアン大統領との首脳会談を総括した共同記者会見を行い、トルコのロシア製地対空ミサイルシステムS400の購入について言及した中で、これを両国関係への「大いなる挑戦状」と発言した。そのうえで、両首脳は外交ルートを通じ、S400購入による関係悪化の解決に向けて行動することを明らかにしている。

  • アップデート: 2019年11月14日 09:33
    2019年11月14日 09:33

    「桜見る会」参加投稿、次々削除 世耕氏や山口県議のブログ

    安倍晋三首相の支援者が多数招かれた疑いが浮上、政府が来年の開催を中止した「桜を見る会」。過去に参加したことをブログなどで報告していた国会議員や山口県議が相次いで投稿を削除していると野党が指摘している。共産党議員が問題を追及した8日の参院予算委員会の後に削除されたとみられる。