12:42 2019年11月17日
ロシア市場の実情/魅力を巡る露日経済セミナー  東京で開催

ロシア市場の実情/魅力を巡る露日経済セミナー  東京で開催

© Fotolia / peshkov
オピニオン
短縮 URL
筆者 :
192
でフォローする

10月4日、東京のロシア大使館で「ロシアへの投資 ロシア市場の魅力/実情を踏まえ、日本ビジネスの参入チャンスと課題に迫る」と題したセミナーが開催された。同セミナーは露日共同出資のソリッド銀行の主催で行われたもので、ロシア経済・市場の最新動向や実状について、様々な観点から偏りのない理解を深めることを目的に行われた。セミナーに参加した東京のスプートニク特派員の現地レポートをお届けします。

セミナーではまず、政府債務商品の市場、ロシア大手企業のポートフォリオ投資の可能性、ロシアの極東地域の投資魅力と日本企業のビジネスチャンスが示された。その上で、ロシアのビジネスに参入する際に重要な視点、想定される困難が説明され、これへの解決策と、戦略的なパートナーとしてロシアの銀行が果たす機能が紹介された。

開会の辞に立ったソリッド銀行のウラジミール・セメルニン理事会長は、ロシアの金融や経済、暮らしの紹介を目的に、10年間、継続的にこうした会合を開催しているとして、次のように語っている。

「25年を越えるわが国の改革によって、経済でも政治でも巨大な変化が生じました。そのプロセスは厳しく、変化は大きな痛みを伴いましたが、ロシアは強固に、着実に前進を続けています。今日の会合が今ある偏見を解消する一助となるよう期待します。私たちは協力に前向きです。」

ソリッド銀行のウラジミール・セメルニン理事会会長
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ソリッド銀行のウラジミール・セメルニン理事会会長

セミナーには、70年代からロシアに造詣が深い、キャノングローバル戦略研究所の研究主幹の小手川大助氏も参加し、「ロシア経済の最新動向 ‐日本人の目から見たロシア経済」と題した報告を行った。現在、国立モスクワ大学の客員教授を務める小手川氏は、ロシア経済が2014年の危機とその後の余波に向き合い、どう対応したか、地政学的な観点からの推察を交えた考察を発表した。

小手川氏は日本のロシアに対する理解について、過去の負のイメージやメディアの偏った報道などが邪魔して、現実とかけ離れている像が出来上がっていると指摘し、ロシアに対する誤解を取り除く必要性を強調した。

キャノングローバル戦略研究所 研究主幹・小手川 大助氏
© Sputnik / Eleonora Shumilova
キャノングローバル戦略研究所 研究主幹・小手川 大助氏

また、ソリッド金融投資株式会社の海外市場ビジネス展開局長であるミハイル・コロリュック氏も発言を行い、日本の投資家にロシアが何を提供できるのかについて詳細な報告を行った。

「ロシアのイメージは、急激な変化と、それをくぐる経済と社会からずれてしまい、未だにロシアのビジネス環境は悪いという意見が頑なに残っている。確かにこうしたテーゼがあった当時はそれは事実だったが、今は状況は大きく変わり、さらに先へ、よい方向へと向かっている。」

コロリュック氏が「この分野の変化を示す計測器」として例に引いたのは、よく知られる、世界銀行の「Doing Business」。このデータの2019年版ランキングではロシアは、フランス(32位)やオランダ(36位)、スイス(38位)、さらに日本(39位)に勝り、名誉ある31位を占めている。2012年にロシアはこランキングで120位(日本は20位)を占めていたことを考えれば、31位という今回のロシアのランキングがいかに強い印象を与えるかがわかる。

ソリッド金融投資株式会社のミハイル・コロリュック氏
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ソリッド金融投資株式会社のミハイル・コロリュック氏

また、ロシアの経済・金融状況がいかに肯定的であるかを示した次のようなデータも紹介された。

  • 大規模経済(世界第10位)
  • 低公債(国内総生産の14,2%)
  • 黒字予算(2019年つき国内総生産の約3%)
  • 大きい金・外貨準備(世界第4位)
  • 国債の投資格付
  • 慎重な金融・予算政策の伝統を長い間守ってきていること
  • 過去1年半つき、ルーブル為替相場の石油依存度は非常に低下

セミナーでの報告はこちらをご覧ください。


ソリッド銀行は1991年に開設。現在は、ロシアと日本の澤田ホールディングス(株式の約40%)の共同出資の形態をとり、イルクーツクから極東のペトロパブロフスク・カムチャツキーまでの領域で個人、法人向けに金融サービスを提供している。

この記事に示された見解はスプートニク編集部のものとは必ずしも一致していません。

タグ
経済, 金融, 露日経済協力, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント