21:03 2020年09月29日
オピニオン
短縮 URL
筆者 :
0 42
でフォローする

日本の河野太郎防衛相は最近、皇位継承の在り方について、女系天皇も検討する必要があるとの考えを示した。おそらく河野氏のこの発言に大勢の人が驚いただろう。これは安倍政権がその男系男子による皇位継承を維持するという立場を検討し直す可能性を意味しているのだろうか?また「ポスト安倍」の候補の中でこの重要な問題について幅広い議論を再開する用意があるのは誰なのか?

皇位継承問題の解決はなぜ今これほど重要なのか?

このテーマが最後に日本メディアで広く取り上げられたのは、徳仁天皇が即位を国内外に宣言した「即位礼正殿の儀」が行われた昨年秋だった。明仁天皇の生前退位に伴い、皇太子徳仁親王が新天皇に即位された。天皇陛下の生前退位は約200年ぶりだった。これを法律の観点から可能とするため、日本政府は天皇陛下の退位に関する特例法を承認した。

昨年、東京大学史科編纂所の本郷恵子教授 はスプートニクのインタビューで、実際のところ譲位はそれほど珍しいことではないと語った。だがこの出来事は、確立された伝統に変更を加えることが許されるかどうかについて再び考えるきっかけを大勢の人に与えた。現在、若い世代の男性皇族は悠仁親王(13)しかいないため、特に女系継承の可能性が議論された。一方、女性天皇は過去に存在した。日本では江戸時代まで10代8人の女性天皇がいた。しかし女系天皇(母系天皇)の例は確かにまだ一つもない。本郷恵子教授は昨年のインタビューで「伝統の本質を守るためには変更できない要素はない」との考えを表した。

日本の世論も同様の意見のようだ。共同通信が3月から4月に実施した皇室に関する世論調査によると、回答者の約85%が女性天皇容認に賛成し、2019年10月に実施した世論調査の結果(81%)をわずかに上回った。

河野防衛相の発言で何かが変わるのだろうか?

河野氏は25日の記者会見で皇位継承に関して、女系天皇も検討すべきだとの考えを示した。これは女性天皇容認に賛成する人たちに希望を与えたかもしれない。特に河野氏は「現皇室で男系を維持していくには、かなりのリスクがあると言わざるを得ない」と述べ、「政府の見解と同じようなことを申し上げている」と指摘した。しかしこれは安倍首相やその他の保守的な支持者たちが皇位継承に関する自分たちの立場を検討し直す用意があることを意味しているのだろうか?この質問に象徴天皇制を研究する歴史学者、名古屋大学の河西秀哉氏がスプートニクのインタビューで答えてくださった。

「安倍総理大臣とそれを支える保守派は男系による皇位継承が持論です。それゆえ、この内閣が長く続いてきたので、女性天皇に関する議論は停滞していたのが現状です。とはいえ、政府の公式的な立場は、現在の男系を中心にすえつつも、議論自体を拒絶しているわけではありません。河野防衛大臣の発言は、男系がもし絶えそうならば女性・女系というもので、その点では男系中心であることには変わらないため、政府の立場とは齟齬が生じないという認識なのだと思います。河野防衛大臣は大臣就任前から女性天皇については容認する立場をとっていたので、彼自身の立場は変わらないです。」

一方、皇室研究者の高森明勅氏は、河野氏の発言は新たな意味を持っていると指摘し、次のように語っている。

「自民党の中にも男系限定では皇位の安定継承が困難になることを承知している政治家はいます。私のブログで取り上げた甘利明氏、萩生田光一氏など安倍首相と関係が深い政治家もそうです。但し現役の閣僚として発言した点に河野防衛大臣の発言の新しい意味があると思います。それだけご本人の皇位継承の将来への危機感が強いからだと思います。これまでの政府の見解は漠然と男系の重みを指摘しているに過ぎず、必ずしも女系の排除にまで踏み込んでいません。だから、政府見解と矛盾するとは言えません。」

「ポスト安倍」の候補で皇位継承問題の議論を支持しているのは誰か?

河野氏はなぜ今、皇位継承問題について発言したのだろうか?河西氏は、この問題に関して政府と異なる立場を表す人は少ないため、河野氏はその大胆さで有権者の注目を集めようとしているとの見方を示している。

「ポスト安倍の候補が安倍総理大臣に遠慮してこの問題に触れないゆえ、彼はあえてそことの差を出すためにも、あえてこの時期に発言したのだと思います。例えば、岸田政調会長などは安倍総理大臣に遠慮してこの問題は発言しないようにしています。安倍氏からの禅譲を狙っているからでしょう。一方、反安倍の石破元幹事長は女系天皇も議論すべきと述べています。おそらく、安倍氏との反対の政策を述べることでの支持獲得を目指しているかと思います。」

河西氏は、先に自民党の二階幹事長も女性天皇を容認するべきだとの考えを示したことに言及した。したがって河西氏は、自民党内にも皇位継承問題の重要性を理解し、まったく議論されなくなることに反対する人々がいるということについて高森氏と同じ意見であると言える。

「ポスト安倍ではありませんが、二階幹事長も以前、女性天皇容認の発言をしており、影響があるように思います。議論することを拒絶する安倍氏への牽制かと思われます。」

この記事に示された見解はスプートニク編集部のものとは必ずしも一致していません。

タグ
日本, 安倍晋三, 河野太郎
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント