露大統領選の候補者の1人は、口ひげを剃り落とさなければならない

露大統領選の候補者の1人は、口ひげを剃り落とさなければならない

© Sputnik / Valeriy Melnikov
ニュース
短縮 URL
0 60

ロシア大統領選に共産党から出馬したパーヴェル・グルジニン氏は、選挙の結果、トレードマークの口ひげを剃り落とすことになりそうだ。

スプートニク日本

先にグルジニン氏はロシアの有名なジャーナリストでビデオブロガーのユーリー・ドゥジ氏のインタビューに応じ、そこで選挙結果について賭けが行われた。

その賭けとは、グルジニン氏の得票率が15%未満だった場合、グルジニン氏はその口ひげを剃り、15%を超えた場合にはドゥジ氏が髪の毛を剃るというものだった。

選挙の暫定結果によると、グルジニン氏の得票率は11.9%。同情報が明らかになった時、ドゥジ氏はSNSでこの賭けについて言及し、ソ連製のひげ剃り機の写真を掲載した。

グルジニン氏はまったくの別人になって人々の前に姿を現すことになりそうだ。

投票は18日に行われた。モスクワ時間10時45分(日本時間16時45分)現在の中間データによると、投票率は67.49%、有権者数にして7343万2312人。

プーチン大統領への支持票を投じたのは5620万6514人の有権者。

2位を占めているのはロシア連邦共産党のパーベル・グルジニン候補で11.9%、3位はロシア自由民主党党首のウラジーミル・ジリノフスキー候補で5.66%。

続いて、テレビ司会者のクセニア・サプチャク候補が1.67%、政党「ヤブロコ」党首のグリゴリー・ヤブリンスキー候補が1.04%、ボリス・チトフ候補が0.76%、マクシム・スライキン候補が0.68%、セルゲイ・バブーリン候補を支持して自らの票を投じたのは0.65%。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント