23:51 2017年07月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 23°C
    ヴァルシャヴャンカ型潜水艦

    ロシア潜水艦部隊:昨日、今日、明日

    © Sputnik/ Oleg Lastochkin
    ロシア
    短縮 URL
    0 118970

    先週、ロシアの潜水艦部隊が創設記念日を祝った。潜水艦は、人類の最も複雑で、完成された武器である。

    MIA「ロシア・セヴォードニャ」のアレクサンドル・フロレンコ評論員は、このように指摘している。

    1900年、海洋省は外国の経験を考慮しながら、潜水艦の設計に着手した。この時、ロシアにとって全てが始まった。ロシア初の潜水艦「デリフィン(イルカ)」は、1902年に建造された。1906年には、ロシアの皇帝ニコライ2世の命令により、新型の軍艦と潜水艦20隻が艦隊に装備された。潜水艦は継続的に改善されたが、それでも潜水艦の乗組員の仕事は、艦隊で最も困難かつ危険なものであり続けた。潜水艦で勤務するのは、強く、勇敢な人々だった。乗組員たちは、海の奥深くで、太陽の光も見ず、天気や季節、また一日の移り変わりにも気づかずに任務を遂行している。空気は、再生システムによって供給される。緊張感のある当直、完全なる自己献身。そして、誰にもミスは許されない。これは、ステルス性、天候に左右されないこと、北極海の氷の下を含むあらゆる海域で戦闘活動を実施したり、強力な核ミサイル攻撃を行う能力などの、潜水艦ならではのメリットに対する必然的な報酬だ。

    現代の戦略的な潜水巡洋艦、多目的潜水艦およびディーゼル・エレクトリック方式潜水艦は、敵を確実に殲滅するために建造されている。これらは、海深くに存在することで、ロシアを守っている。卓越した技術と印象的なパワーの例として、世界最大級の原子力潜水艦プロジェクト941「アクラ」がある。「アクラ」には、弾道ミサイルの発射装置が20基搭載されている。潜航深度は500メートル、自律航行日数は180日。100キロトンの核弾頭10発を搭載する3段式固体燃料ミサイルR-39の射程は最大8500キロだ。「アクラ」は、数十年間にわたって祖国のために忠実に、そして正義を守って勤務した。なおアクラ型潜水艦の1隻は、いまの戦列にとどまっている。アクラ型を近代化し、ミサイル「ブラヴァ」を搭載した潜水艦が「ドミトリー・ドンスコイ」だ。ロシアの新しい潜水艦には、ロシア史に名を残したロシアの偉大な大公の名前が付けられる。潜水艦の刷新と開発は今も続けられている。

    2013年、北方艦隊は、弾道ミサイル「ブラヴァ」16発と巡航ミサイル6発を搭載した新世代型の原子力ミサイル搭載艦を装備した。初の「ボレイ」型潜水巡洋艦は、「ユーリー・ドルゴルーキー」と命名された。「ボレイ」型潜水艦として、「アレクサンドル・ネフスキー」と「ウラジーミル・モノマフ」も建造された。ロシア海軍には、2020年までに、「ボレイ」型と「ボレイA」型の潜水艦8隻が装備される。これらは今後10年間で、戦略的航空隊や大陸間弾道ミサイルが含まれる、ロシアの「原子力トライアド」の海洋部門の基盤となる。
    2014年夏、巡洋ミサイルを搭載したプロジェクト885「ヤーセン」型の一番艦である多目的原子力潜水艦K-560「セベロドビンスク」に、厳かに旗が掲揚された。2020年までに「ヤーセン」型の潜水艦が少なくとも8隻建造される予定だ。

    対艦ミサイルや魚雷を搭載したロシアの超静音ディーゼル・エレクトリック方式潜水艦プロジェクト636「ヴァルシャヴャンカ」(プロジェクト877「ラーダ」の次世代型)は、あらゆる海洋国家の夢だ。最短期間で、6隻のディーゼル・エレクトリック方式潜水艦プロジェクト636が建造される計画だ。

    現在、ロシア海軍には、70隻以上の潜水艦が装備されている。これらは、ハイテクを駆使したチタン製(ほぼ永久的に使用可能で、敵から見つかりにくくする非磁性)の頑丈な胴体、水中発射の高い照準精度(一斉射撃でも高い照準精度を有する)、感度の高いソナーシステム、優れた耐航性、居住環境のよさなど、ロシアの潜水艦部隊の重要な特質を反映している。

    西側の敵意ある発言や、ロシアと言えば不景気や立ち遅れといったイメージをつくろうとする試みが強まっているにもかかわらず、ロシアの地政学的パートナーは、これらの技術的成果を全て手にしているわけではない。米国の海軍専門家ノーマン・ポーマー氏は、「時に、最新の原子力潜水艦、巡航ミサイルあるいは弾道ミサイルを搭載した潜水艦400隻以上を有しながら、ソ連の潜水艦部隊は、米国の戦略を決定する人々の意識の中で優勢な位置を占めた」と指摘した。

    ロシアの潜水艦部隊は今日も、米国の戦略に多くの影響を与えている。米国の専門家たちは、プロジェクト955「ボレイ」型に懸念を隠さずにはいられなかった。

    タグ
    ヴァルシャヴャンカ型潜水艦, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント