13:12 2018年09月19日
日本の軍事捕虜

日本 ロシアで日本人捕虜に関するドキュメンタリーを撮影

© Sputnik / P. Troshkin
ロシア
短縮 URL
0 43

STV札幌テレビ放送の撮影班が、ロシアのブリヤートで、第二次世界大戦終結70周年を記念したドキュメンタリーの撮影を行っている。

ブリヤート共和国政府広報部が伝えたところによると、ドキュメンタリーは、ブリヤート共和国で暮らした日本の軍事捕虜に関するものだという。

今も残っている日本人捕虜が建設した建物での撮影が予定されているほか、撮影班は、ブリヤートで暮らした日本人を知る人々と会ったり、埋葬地なども訪れる。

ドキュメンタリーでは、岩田守弘さんが芸術監督を務めるブリヤート国立オペラ・バレエ劇場のリハーサルの様子も伝えられる。ブリヤート国立オペラ・バレエ劇場の建設には、日本人捕虜も参加した。

タグ
露日関係, ブリヤート共和国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント