14:10 2017年12月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 0°C
    2015冬季デフリンピック

    冬季デフリンピック開幕  ロシア国歌が手話で歌われる (動画)

    © Sputnik/ Vladimir Astapkovich
    ロシア
    短縮 URL
    0 110

    ロシア・ハンティ・マンシースクのユグラで28日、第18回冬季デフリンピックが開幕した。ロシアでデフリンピックが開催されるのは初めて。

    開会式ではロシア国歌が手話で歌われ、記憶に残る名場面の一つとなった。

    今大会の参加者は、過去最多。27か国から340人以上の選手が参加する。各国代表団のために、ハンティ・マンシースクの観光やコンサート、イベントなどが予定されている。デフリンピックには、約100人の手話通訳が参加している。

    デフリンピックは1924年に始まった。冬季デフリンピックの競技は、クロスカントリー、スノーボード、カーリング、アイスホッケー、アルペンスキー。クロスカントリー、スノーボード、カーリング、アイスホッケーは、ハンティ・マンシースクで行われ、アルペンスキーは、チェリャビンスク州のマグニトゴルスクで開催される。競技観戦(入場料)は、全て無料。

    なお、第18回冬季デフリンピックには、日本代表団のロシア語通訳スタッフとして日向寺康雄アナウンサーが参加している。

    「スプートニク」のスタッフ一同、デフリンピックの成功と、日本代表団のご健勝をお祈り申し上げます。

    開会式の完全バージョン:

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント