08:58 2018年09月26日
ペスコフ大統領府報道官

ペスコフ露大統領報道官が語る、なぜプーチン氏が西側で悪魔扱いされるのか、その理由

© Sputnik / Alexey Kudenko
ロシア
短縮 URL
0 200

ロシアのペスコフ大統領府報道官はプーチン大統領およびその前のロシアの指導者らが世界で悪者扱いをされてきた理由について、一様に自国の国益を守ろうとしてきたからだと語った。

ペスコフ報道官は、プーチン氏の大統領選挙初勝利から15年を記念した円卓会議の席でこうした見解を表した。リアノーボスチ通信が伝えた。

ペスコフ報道官は、「プーチン大統領がかつて語った言葉だが、我々の国ではどんなリーダーでも国益をより強固に守れば守るほど、国際舞台におけるわが国の権利をより執拗に主張すればするほど、世界でその姿は悪魔化され、いかなる情報技術もここでは何の効力も発揮しえないのだ」と発言している。

 

 

関連:

プーチン大統領、第70回国連総会に出席する可能性あり
プーチン大統領、パレスチナ独立達成をうながす
プーチン大統領、中東危機は外部の介入なしに解決せねば
プーチン大統領、2016年、2018年の選挙時にロシア不安定化の行動が画策されている
プーチン大統領、ロシア抑止の試みについて「そんな真似はさせない」
タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント