18:00 2018年08月15日
ロシアのペリメニ

ロシア版マクドナルド登場?

© Sputnik / Yuriy Abramochkin
ロシア
短縮 URL
0 132

ロシアの映画監督ニキータ・ミハルコフおよびアンドレイ・コンチャロフスキイの両氏は国に対し、ロシア版のファーストフードチェーン設立への支持を求めた。コメルサント紙より。

同紙によれば、ブランド名は「エジーム・ドーマ(家で食べよう)!」で、コンチャロフスキイ氏の妻・ユリヤ・ヴィソツカヤ氏の所有するチェーンとなる。同氏が新チェーンの「顔」となる。

「このプロジェクトの目標は、輸入代替と、西側ファーストフードチェーンに代わるものを作ることにある」と提唱者。

コメルサント紙によれば、プーチン大統領もこれを支持しているという。

「エジーム・ドーマ!」の店舗は小型で、カフェが併設され、メニューの3割から4割が地元産食品を使ったものとなる予定。

パイロットプロジェクトには9億7180万ルーブルがかかる見積もりで、5年以内に償却可能だという。

関連:

モスクワ、無人飛行機が「へい、寿司出前一丁!」
ロシア 「フクシマ」での事故後に導入した日本の魚に対する輸入規制緩和の可能性
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント