11:09 2018年12月14日
アントーノフ次官:ロシアとNATO関係における全ての肯定的なものが崩壊した

アントーノフ次官:ロシアとNATO関係における全ての肯定的なものが崩壊した

© AP Photo / Wong Maye-E
ロシア
短縮 URL
0 41

ロシア国防省のアントーノフ次官は、ウクライナ危機が、北大西洋条約機構(NATO)との関係における全ての肯定的なものを崩壊に向かわせたとの考えを表した。

アントーノフ次官は、16、17日の両日に開かれる第4回モスクワ国際安全保障会議を前にしたインタビューで、「ウクライナでの危機は、欧州諸国との関係を緊迫化させた。NATOと構築された全ての肯定的なものは崩壊した。NATO当局は、協力と信頼醸成措置の代わりに対決路線をとった。私たちは今、ロシアの国境近くで、前例のない、いかなる理由でも正当化されることのないNATOの活動強化を目にしている。一方でロシア軍は、あらゆる償うことのできない罪業で非難されている」と述べた。

関連:

NATO、ロシア代表団の定員を半減、理由は「職員の半数がスパイだから」
ウクライナ首相 NATOとの協定に署名すると発表
元米国務長官:ロシアをNATOへ招くべきだった
タグ
NATO, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント