21:27 2018年06月21日
ユーリイ・ガガーリン

ロシア 「宇宙飛行学の日」を祝う

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
0 50

ロシアでは12日、「宇宙飛行学の日」が祝われている。

今年、「宇宙飛行学の日」は、正教会の祭日「パスハ(復活祭)」と重なった。

「宇宙飛行学の日」は、人類初の有人宇宙飛行を記念して制定された。「ミール24」が伝えた。

今から54年前の4月12日、人類初の有人宇宙飛行が成し遂げられた。ユーリー・ガガーリンが地球の大気圏外を飛行した108分は、新たな時代を開いた。ガガーリンを乗せて地球を1周した宇宙船「ヴォストーク」は、全世界のために宇宙への道を切り開いた。

そのほか、世界初の女性飛行士、宇宙遊泳、地球低軌道における人間の最長滞在などによって、ソ連は数十年にわたって自国の宇宙飛行学の功績を誇りに感じた。

12日、ロシア全土で「宇宙飛行学の日」の式典が開かれる。

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント