00:45 2018年06月19日
プーチン大統領「ホットライン」

プーチン大統領S300のイラン供給について:禁輸の続行は根拠薄弱

© Sputnik / Mikhail Klimentiev
ロシア
短縮 URL
0 90

モスクワ国立国際関係大学のアナトーリイ・トルクノフ氏がイランへのS300供給について質問したところ、プーチン大統領は「今日、イランは非常に柔軟な姿勢を示しており、またイラン各開発問題について妥協を達成する明らかな願いを表明している」と述べた。

「もし誰かが、我々は制裁の解除に踏み切ったのではないか、と危惧するなら、そうした人々はどうやら、国連の制裁対象リストにこの種の兵器は含まれていないということを知らないらしい。我々は一方的な措置として禁輸を決めたのだ」「それに、何のために我々が損失を出すいわれはないのだ」「我々は中東への最大の武器輸出者ではない。米国のほうがはるかに多く輸出している」とプーチン大統領。

 

 

関連:

プーチン大統領、イランへのS-300ミサイルシステムの禁引渡しを解除
米国 イランの核問題で進展があるにもかかわらずロシア国境までのMD拡大を続ける
米国 対イラン制裁を段階的に解除へ
イラン大統領:制裁の全面解除という条件のもとでのみ核合意に調印する
対イラン制裁解除で原油価格15ドル下落の可能性
イラン、イラク間の国境検問所、35年の封鎖を解除
独占インタビュー:ラヴロフ外相、イラン核合意、ウクライナ問題について語る
タグ
戦争・紛争・対立・外交, ウラジーミル・プーチン, イラン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント