13:20 2018年10月17日
ロシア外務省;公的な発言には慎重入念に接するよう岸田外相に忠告

ロシア外務省、公的な発言には慎重入念に接するよう岸田外相に忠告

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
ロシア
短縮 URL
0 231

ロシア外務省は、平和条約に関する政治的コンタクトの停滞に日本政府は関与してはいないという岸田外相の発言に対し、公的な発言には慎重入念に接するよう忠告した。

ロシア外務省は、サイト上で「ロ日両国関係に関する事実に伴う、岸田外相の自由な発言」に注意を向け、次のようにコメントした―

岸田外相 プーチンに答える
© AP Photo / Shizuo Kambayashi

「岸田氏は、望まれている事を真実に見せかけようと努め、日本政府は、両国間の平和条約締結問題を含め、今日のハイレベルでの政治的コンタクトの停滞に関与していない」と述べた。

「岸田氏ほどのレベルの政治家であれば、自分の公的な発言には慎重入念に接する必要がある」。

ロ日関係の真実は、ウラジーミル・プーチン大統領が4月16日に、その特徴を述べたようなものだ。つまり、今日ロ日対話は、事実上、日本側のイニシアチブにより一時的に停止している。

「岸田外相は、日本の外相のロシア訪問を含めた政治コンタクトのスケジュールについて、現在ある合意をよくご存じだ。それは、もちろん遂行する必要がある。しかしなぜか、すでに2年以上、日本政府は、岸田外相のロシア訪問を決定できないでいる。岸田外相が言及した2月の外務次官レベルでの協議に関して言えば、交渉は、平和条約問題について中身ある話し合いを予見するものではなかった。」

関連:

パノフ氏、「クリミアと尖閣を混同で、日本は南クリル問題解決を複雑化」
プーチン大統領:クリルの住民は日本との統合に賛成票を投じないだろう
タグ
露日関係, 領土問題, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント