01:39 2017年03月31日
東京+ 12°C
モスクワ-1°C
    ロシア国防省:サキ報道官が国務省から去ることで我々はより多くのことを期待していた

    ロシア国防省:サキ報道官が国務省から去ることで我々はより多くのことを期待していた

    © AFP 2016/ Saul Loeb
    ロシア
    短縮 URL
    ウクライナ危機 (340)
    0 1045130

    ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、8月からウクライナ東部にロシアの地対空ミサイルが大量に集められているとした米国務省報道官の発言について、十分な知識を持たないことを示しており、我々を驚かせる、との見解を表した。

    コナシェンコフ報道官は、

    「同省の報道官を務めていたサキ氏がさらに高い役職に就くために国務省から去ることで、我々は、国務省がついに『ナンセンスな産地』の地位を奪ったと考えた。間違ったのは明らかだ。国務省のハーフ公式報道官による、ロシアがウクライナ東部に8月から大量の地対空ミサイルシステムを集めたとする声明は、その知識のなさで驚かせる」

    とコメントした。

    コナシェンコフ報道官は、ウクライナでさえその公式声明で、昨年からウクライナ南部・東部の特別作戦で航空機を使用していないと何度も強調していると指摘した。報道官はまた、「ウクライナ軍には事実上航空機が残っていないことも周知の事実である」と述べた。

    トピック
    ウクライナ危機 (340)

    関連:

    ウクライナの現象:文明的な欧州から第三世界へ
    ポーランド 「ナチ党員」の英雄化でウクライナとの対話停止へ
    欧州市民、自国マスコミのウクライナ報道に信憑性は皆無
    タグ
    露米関係, ウクライナ, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント